ニュース

19/05/2017

クオリカ新入社員のソフトウェア検証研修会


2017年5月11日、クオリカ社の新入社員の皆様の1日研修がハノイの弊社において行われました。今回の研修会では24名の方にご参加いただき、ソフトウェア検証をめぐって弊社のメンバーとの間に熱心に意見が交わされました。

主な研修内容としてソフトウェア検証のトレーニングが実施されました。そして、クオリカの研修生を含む派遣メンバーと過去の案件を通した両社の緊密な関係などの紹介も行われました。

 

研修会では、弊社のQCリーダーのハー・トゥ・チャンがクオリカのメンバーに検証の定義やテストケースの作成方法、そして携帯アプリ上のテストについて詳しく講義しました。最後にチャンは「クオリカの研修生は本当に優秀です。トレーニングは非常に短い時間でしたが、経験を積んだテスターのようにテストケースを作成し、テストを行うことができました。それが今回の研修の成果です。」と述べました。

 
また、弊社社員の熱心な説明によって、クオリカのメンバーは携帯アプリ検証について多くの知識や体験を修得できました。クオリカ社の須原木さんは「今日は大変勉強になりました。この研修会により、以前知らなかったことが分かるようになりました。楽しかったです。本当にありがとうございました。」とおっしゃってくださいました。

 

研修会はSnapchatアプリの検証実習をもって終了しました。今後も、両社間の緊密な協力関係や交流機会を持つことが期待されています。

クオリカ株式会社はGMO-Z.com Runsystemの重要なお客様です。1982年(昭和57年)11月1日に設立され、社員数が851人(2017/4月現在)です。クラウドサービス、業務用システム開発、パッケージソフト開発・販売、ハードウェア製造・販売、システム運用管理等の幅広い事業を展開されています。
すべての人にインターネット
関連サービス