GMO-Z.com RUNSYSTEMのバドミントン大会

2017/10/20

10月15日にクアン・チュン中学校の体育館で、「2017年秋のGMO-Z.comRUNSYSTEMバドミントン大会」が開催されました。選手達が試合を熱心に行う様子を家族や他の社員などに見せました。

この大会は2017年05月の「GMO-Z.comRUNSYSTEMオープンバドミントン大会」に続いて、社内のスポーツ活動を推進し、社員の連携を強化することを目的に行われました。リーダー職から一般社員まで大勢の社員が参加しました。「2017年秋のGMO-Z.comRUNSYSTEMバドミントン大会」では、社内各部署から14人の選手が出場し、観客の熱い声援に応えて一所懸命戦いました。

対戦直前のGMO-Z.com RUNSYSTEM社員達

本大会では、シングルスとダブルスの試合が行われました。ダブルスでは、トレーニングセンターのチャン・トゥアン・ダットとQCチームのレー・ティ・トゥのペアがBSDチームのチャン・フン・トンとBrSEのブ・ティエン・コンのペアと対戦しました。一人が女性のダットとトゥのペアが体力的には不利と思われましたが、精一杯頑張った結果、31‐28で勝ち星をあげることができました。 (写真)観客の熱い応援 シングルスの優勝決定戦では、チャン・トゥアン・ダットが再びブ・ティエン・コンとまみえました。両者とも強い選手で、相手の動きがよくわかるため、試合が進むにつれて、ファンはますます興奮していきました。結果は、ダットが21‐10の点差で勝利を収めました。シングルスとダブルス両方で優勝して、ダットは当社バドミントン部のライジングスターになりました。

「2017年秋のGMO-Z.comRUNSYSTEMバドミントン大会」の記念写真

今後は、この大会のようなスポーツ活動を楽しむ機会が増えることが期待されています。