GMO-Z.com RUNSYSTEMのオフショアサービスの紹介セミナー

2017/11/30

201711月27日に東京でGMO-Z.com RUNSYSTEM 東京支社が約20社の日本企業に弊社のオフショアサービスの紹介セミナーを行いました。このセミナーはGMO-Z.com RUNSYSTEMと株式会社Grrowの共催でGMOインターネットグループ本社(セルリアンタワー内)で行われました。

セミナーのテーマは「新技術の開発・運用に向けたラボ型オフショア開発」で、GMO-Z.com RUNSYSTEMのオフショアサービスの資源と潜在力が紹介されました。

日本の企業が参加したGMO-Z.com RUNSYSTEMのセミナー

2時間にわたるセミナーで、ベトナムで撮影された動画を通してGMO-Z.com RUNSYSTEM のオフショアサービスが詳しく紹介されました。なお、GMO-Z.com RUNSYSTEMの副社長グエン・タン・ミンが会社紹介や実績のプレゼンテーションを行いました。特にオフショアサービスについての説明により参加者の皆様にこのサービスの潜在力を知っていただくことができました。また、日本企業の皆様に当社の資源、開発計画をより深くご理解いただくためにグエン・タン・ミン、ト・マン・クオン(GMO-Z.com RUNSYSTEMの日本支社長)、松原義治(GMO-Z.com RUNSYSTEMの技術担当者)、三上健太郎氏(株式会社Grrowの代表者)による、ブロックチェーン、AI、IoTなどの高度な技術を利用したオフショア開発に関する座談会が行われました。

座談会の様子

座談会でも、講演者がGMO-Z.com RUNSYSTEMの開発実績を紹介し、外国企業、特に日本企業がオフショア開発を効果的に利用できるようなアドバイスを提示しました。GMO-Z.com RUNSYSTEMのラボ型オフショア開発は日本企業の各代表者から注目を集めました。講演者は参加者からの様々な質問に具体的に回答し、皆様にご満足いただきました。参加者の最大の関心事はベトナムと日本の決済方法の違い、ラボ型オフショア開発の規模に関する条件、ハイテク研究などのテーマでした。

ベトナムのGMO-Z.com RUNSYSTEM の仕事の現場を見学していただく機会を提供するためにセミナー参加者のうち2名の方に日本―ベトナム間の往復航空券をさしあげます。希望者の中から当選者を選び、www.runsystem.netウェブサイトでお知らせする予定です。

「新技術の開発・運用に向けたラボ型オフショア」セミナーを成功させたことがオフショア開発・製造における日本企業との協力機会をより多くもたらすと期待されます。