プレスリリース GMO-Z.com RUNSYSTEMはオフショア開発サービスにおいて6年連続でSao Khue賞(サオクエ賞) を受賞

2022/04/28

2021年4月23日、ベトナムソフトウェアITサービス協会(VINASA)により開催された2022年サオクエ賞の授賞式で、GMO-Z.com RUNSYSTEMのオフショア開発サービスは6年連続でベトナムのITソフトウェア業界の最高のサービスとして表彰されました。

今回、参加企業315社のうち、GMO-Z.com RUNSYSTEMのオフショア開発サービスは評議会の同意を得て、2022年のITサービス分野での名誉のある33賞の1つを獲得しました。GMO-Z.com RUNSYSTEMのオフショア開発サービスがベトナムソフトウェアITサービス協会(VINASA)により開催されたサオクエ賞を受賞するのは6年連続となります。

Ngo Hoang Thanh氏ソフトウェアソリューションコンサルティング部の部長は、会社を代表してオフショア開発サービス分野での2022年サオクエ賞を受け取りました。

国際標準に達した複数のソフトウェア輸出プロジェクトを展開していきます。

2005年の設立から現在までの17年間、ソフトウェア輸出は常に主要なサービス分野であり、国内外において数千のプロジェクトを実施した経験豊富なエンジニアチームにより、多くの優れた成果を達成しました。GMO-Z.com RUNSYSTEMのソフトウェア製品は、製造、金融・銀行系、保険、医療、教育などの様々な分野で国内外のパートナーに常に満足をもたらします。

GMO-Z.com RUNSYSTEMのエンジニアは、常に新しい方法を探究し、研究し、ニーズと業務の性質に応じて柔軟に調整します。ソフトウェアの品質は国際標準に達し、厳しい管理規定を遵守し、厳しいお客様の最も厳格な要求を満足させています。金融・銀行の分野においてGMO-Z.comランシステムは日本国政府、GMOフィナンシャルホールディングス株式会社、ベトナムインターナショナルバンクVIBなどの多くの大手企業向けにスマートフォンでの決済アプリケーションシステムを開発、カード決済、金融に関する様々な問題を解決できました。

製造の分野において、GMO-Z.com RUNSYSTEMは、IntecInc等の多国籍企業のチェーンでの販売管理システムを展開し、保守しました。さらに、GMO Z.com RUNSYSTEMはテレビや冷蔵庫などの家電製品を制御したり、電力消費量を監視したりすることができるSmartHomeプロジェクトの開発に関する多くの経験を持っています。これは三菱電機株式会社と協力している当社のスマートホームプロジェクトです。

パワーの発揮

GMO-Z.com RUNSYSTEMは近年良い実績を達成し、強みであるサービスを継続的に推進しながら、IT分野でNo.1を目指しています。また、研究開発(R&D)活動にも集中し、最新技術を研究し、適用できるように努力しています。最適な製品とサービスを作り、効率を改善し、コストを節約するという目的としています。

GMO-Z.com RUNSYSTEMは、お客様のご要望通りににソフトウェアを製作するだけでなく、デジタルトランスフォーメーションのエコシステムを構築および開発しています。これはAI、OCR、KYC、Blockchainなどの市場の最新技術に関する長年の研究の結果です。

以下の製品はベトナムのITおよびデジタルトランスフォーメーションに関する賞を受賞しました。

・SmartOCR :ベトナムでの唯一のベトナム語の手書き文字認識

・SmartRPA:業務自動化

・SmartKYC :電子顧客識別

・SmartStore:スマート小売

・SmartGift :スマートカスタマーケア

・SaleFie :DMS流通チャネルの管理

GMO-Z.com RUNSYSTEM は、効率を最適化し、お客様のコストを節約するために、今後も製品、サービス、およびソリューションを引き続き改善していきます。

今後のソフトウェア輸出加工サービスの開発方向性についてGMO-Z.com RUNSYSTEMのグエン・タン・ミン副社長は、「今後5年間で、GMO-Z.com RUNSYSTEMは、製造、保険、金融、銀行などの分野で発展を続けながら、欧米市場の拡大と発展に重点を置きます。さらに今後は、お客様のご要望に応じて実施するだけでなく、最先端のテクノロジーを適用してお客様のシステムを最適化するために当社のソリューションを使用することで、お客様へのより多くの価値をもたらすことを目指しています。」と述べました。

ソフトウェア輸出加工サービスとデジタルトランスフォーメーションソリューションに加えて、英語と日本語対応可能で、ISTQB証明書を持つ80名以上のメンバーでソフトウェア検証サービスの開発も強く促進しています。

特に、自動検証チームは、RUNTESTという自動テストライブラリを研究および開発して、競合他社との差別化を図り、自分で提供しているサービスをデジタル化しています。

2022年度のサオクエ賞に受賞したことで、アジア地域、ベトナム及び日本の情報技術分野においてGMO-Z.comRUNSYSTEMは確固たる地位を確立しました。また、これはGMO-Z.com RUNSYSTEMが今後もより大きな目標を達成するために絶えず努力し、常に持続可能なデジタルソリューションを提供し、社会に前向きな変化をもたらし、新しい考え方、新しいやり方でデジタルトランスフォーメーションを促進し、企業が4.0革命で突破できるようにサポートすることを目指す動機です。

以下は授賞式での他の写真です。